【関東】団体での社員旅行を経費申請するために
【関東】団体での社員旅行を経費申請するために

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体の社員旅行では、旅費を「経費」として申請する際にいくつか注意が必要です。

団体旅行の幹事さんが金銭面で役に立つ情報をいくつかご紹介します。

■旅行を「福利厚生費」として経費申請

社員旅行でかかる経費は「福利厚生費」として処理するのが望ましいです。

※これができないと「給料」や「交際費」としての処理となり、法人税の額が増えてしまいます。
福利厚生費とするためにはいくつかの条件をクリアする必要があります。

■福利厚生費の条件

□平等であること
旅行の参加対象者が「全ての従業員」であり、さらに参加者が全体の50%以上である必要があります。
福利厚生費は役員、従業員に対し平等に支払われるものであることがポイントです。

□金額の限度
会社負担の金額があまりにも大きすぎる場合は注意しましょう。
「約10万円/人」の基準を超えると、税務調査で指摘が入る可能性が発生します。
□旅行の期間
国内旅行:「4泊5日以内」
海外旅行:「4泊5日以内」※現地滞在日数
上記期間を超えると、福利厚生の範囲を超えるとみなされ、福利厚生費ではなく「給与」「賞与」として処理されます。

――――――――――
以上が主なポイントです。
他にもさまざまなケースに応じて準備していく必要がありますので、幹事さんは面倒ですが事前にあらゆる事項をチェックしておきましょう。

関連コラム

「社員旅行の幹事を頼まれてるけど、どんな企画がいいかわからない。『面白い』と思ってもらえる企画の作り方を知りたいな…」 面白い企画を作れれば、参加者の満足度が上がり、その後の社員旅行も盛り上がりますよね。 そこでこの記事 […]

「社員旅行の幹事になったけど、そもそも社員旅行の目的を知らないな…どんな目的があるんだろう」 目的を明確にすることで、社員旅行の効果は上がります。そこでこの記事では、 ●社員旅行の主な目的 ●社員旅行と慰安旅行の違い ● […]

社員旅行の余興と聞くと面倒に感じてしまいがちですが、事前に準備をしておくことで無事に乗り切ることができます。 社員旅行の余興だからと言って縮こまらず、全力でお笑い芸人のネタをやることがオススメです。 この記事では余興で盛 […]

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。

ネットでご宿泊予約空室状況を
確認できます
電話によるご予約・お問い合わせは

電話アイコン0247-33-4111

Top