あってよかった。 合宿に持っていくべき便利な5アイテム
あってよかった。 合宿に持っていくべき便利な5アイテム

サークルの合宿で宿泊する施設は、ホテルのような必要なものが一通り揃ったような場所ではなく、最低限のものしか揃っていない宿舎のような施設もあります。そこで合宿にもっていくと便利な5アイテムを紹介します。

1、ハンガー、部屋干し用ロープ

合宿地では、自分たちで洗濯するケースが多いかと思います。洋服やユニフォームの洗濯はコインランドリーがありますが、乾燥機を備えていないケースがあります。また、お風呂や手洗い、洗顔などで使っているハンドタオルは、乾燥機を使うまでもないものです。そういう時にハンガー、部屋用物干しロープがとても便利です。雨が降った際の部屋干しにももちろん使えます。
荷物をコンパクトにするためには、衣料を少なくすることがポイントです。Tシャツや靴下、タオル類を少なくし、こまめに洗濯して利用できるようにしておくことができます。

2、延長コード・電源タップ

合宿の必須アイテムです。
スマホ充電、PC電源、ドライヤー等、1人でいくつもの電化製品を使うのが当たり前となっています。、大人数で相部屋の合宿ではコンセントが足りません。かならず持参しましょう。

3、耳栓

効果的な合宿ライフをすごすために、良い睡眠は欠かせません。同僚のいびきが凄すぎて寝れなかったという話は合宿あるあるの代表的なエピソードなのです。そんな事態に重宝するのが耳栓です。
普段1人で寝る人にとっては、他人と寝室を共有するシチュエーションは想定することが難しいものです。100円ショップで手に入る耳栓でも十分な効果を発揮してくれます。備えあれば憂いなし。耳栓を用意して良い睡眠を!

4、健康保険証

特にスポーツ合宿では必須です。合宿では普段よりも集中的なトレーニングをするケースが多く、怪我をして病院にいくケースが多くあります。また、夏季合宿においては熱中症も大きなリスクです。もしもの時に病院に伊香なくてはいけない状況でも、保険証があれば手続きや支払いがスムーズに行えます。普段、通院をしない人にとっては、保険証を使用するケースが少ないため、携帯しない人が多いようです。スポーツでは予期しない怪我がつきものです。保険証をきっちり持参して、もしもに備えましょう。

5、アウトドアナイフ(栓抜き、コルク抜き、缶切り機能付き)

合宿はキャンプとは違い、食事や寝室が用意されたある程度は快適さが保証された施設に寝泊まりします。ですが、そんな合宿地でも多機能なアウトドアナイフが1本あればとても重宝します。
合宿はスキルや知識の向上とともに、メンバーの親睦を深めることも大きな目的です。昼間の活動が終わり、夜になればメンバー同士での飲み会や宴会があるかと思います。そこに、栓抜き、コルク抜き、缶切りなどがついたアウトドアナイフ1本あれば、だいたい何でも開封することができます。親睦を深めるための大事な宴の席を豪華に楽しくできるかもしれません。

関連コラム

「合宿中に話す相手がいないかもしれない」 「浮くのがイヤだから合宿に行くことすら迷う」 誰しもひとりぼっちになるのがイヤだから、合宿参加の前には悩みがちですよね。 この記事では合宿でのひとりぼっちを回避する、友達作りのテ […]

友人同士との旅行ならリラックスできますが、「都内からの合宿を計画」場合の幹事さんはやらなければならないことが沢山で大変です。

「関東での部活合宿」と一言でいっても、高校生の部活合宿なのか、大学の部活合宿なのかで随分スタイルが変わってくると思います。大学の部活合宿の場合は

おすすめのコラム

【関東】団体旅行でグルメを楽しむための方法

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行で、「グルメ」をたのしむための方法

【関東】団体旅行では事前の「見積もり」が大切

関東エリア(茨城・栃木・群馬・埼玉・千葉・東京・神奈川)を出発地点とする団体旅行では、目的地によっては

関東で「スポーツ合宿」する時に幹事が気をつける注意点_団体予約

関東でスポーツ合宿する時って、まずは何から始めればいいか悩みますよね? 特に、幹事の方は様々な項目をクリアしつつ、参加者の要望などもまとめながら決めていかなければなりません。

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。

事前準備がすべて 合宿宿泊施設を決める際に幹事がおさえておくべき5つのこと

合宿は事前の計画と準備次第で、目的の達成度が全く変わります。

ネットでご宿泊予約空室状況を
確認できます
電話によるご予約・お問い合わせは

電話アイコン0247-33-4111

Top