「清潔感」がなにより大事 社員研修の服装はどうすればいい?

2016年7月27日

企業研修、どのようなファッションで臨めばいいのか判断がつかないことがあります。企業からの案内には、服装についての規定が記載されていないこともあります。では、企業研修にはどのようなファッション・服装がふさわしいのでしょうか?

●なによりも「清潔感」が大事

社員研修では、同じ社内の上司や先輩だけではなく、社外から講師を招いたり、他企業との合同研修というケースがあります。
あなたが働く企業以外の外部の人たちと接する機会があるということは、あなたは企業を代表する人となります。そのため、まずは「清潔感」を心がけましょう。
あなたが働く企業文化によって推奨するファッションも変わってきます。ただ、総じて「清潔感」を心がけたファッションであれば社外の人に不快感を与えることはありません。

フォーマルスーツ

ビジネスカジュアル

●新人研修では、私服もオフィスカジュアルを意識する

新人研修では、研修地への行き帰りの際もオフィスカジュアルを心がけましょう。既存社員の人たちとの初めての接点になるのが新人研修です。初対面の印象が、その後の人間関係に大きく影響します。
新人社員としては好印象を残しておきたいところです。男性、女性ともに襟付きシャツ、ジャケットを着用していれば問題ないでしょう。

●身体を動かすプログラムがある場合には

新人研修では、体力測定や運動の要素が入るグループアクティビティに参加する場合があります。そのようなときは、ジャージや綿パンを合わせて持参するようにしましょう。

Top